トップページ >> 移住者について >> 入管面会サポート

入管面会サポート

 東京入国管理局(東京・港区)東日本入国管理センター(茨城県牛久市)と、の2ヶ所を訪問し、面会と差入れ支援を行なっていますが、この7月には「出入国管理改正法」が施行されるなど、入管を取り巻く現状は刻々と変化し、CTICが今まで行なってきた収容所訪問のあり方にも見直し・再検討の必要性が見えてきました。

 その検討の結果の1つとして、訪問時の収容者との面会は、仮放免を中心とした聞き取りを重点的に行い、原則、差入れのみの支援は行なわないという方針を定めました。限られた時間内で、どういう方と面会し、その目的をどこにしぼるか、また、どのような方と継続的に関わりを持つ必要があるかなどを、この方針にそって、さらに検討していく必要があります。前述の法律の理解は勿論、様々な世界の動きや、時のしるしを読み取りながら、どのように支援する事が彼らにとって本当の支援となるのか、スタッフ間のコミュニケーションと試行錯誤は、これからも日々続けられていくことでしょう。(担当:Sr.木口朋子)